2018-09

立大戦!


第2週は立大戦。

東大が第2週で立大と対戦するのは、11年秋以来7年ぶり。

東大は開幕カードで慶大と対戦、春は10試合で11得点だった打線が
1、2回戦で4点ずつ計8得点を挙げたが、投手陣が踏ん張れず4-6、4-10で敗れた。

慶大戦の先発は1回戦が小林大、2回戦が有坂。
小林大、有坂、宮本、奥野の4投手が2試合ともマウンドに上がった。

1年生奥野は開幕戦でリーグ戦初登板し、1イニングを三者凡退。
開成出身投手としては10年春の揚場弟投手以来の登板となった。
2試合目は一死も取れず3失点と洗礼を浴びたが、1-2の1点ビハインドで、
無死で二走者を背負った場面での登板であり、いくら強心臓が評判の投手と
いえどもリーグ戦2試合目としてはやや荷の重い起用ではなかっただろうか。

1回戦先発の小林大は初回いきなり3点のリードをもらった状態でマウンドに
上がったが、1回を無難に抑えるも2回に2失点、味方の追加点を挙げるまで
持ちこたえ切れず、続く3回に4失点で逆転を許した。
2回戦でもリリーフ登板したが、2失点。
2試合計で5回8失点と厳しい秋のスタートとなった。

2回戦先発は、1回戦でリリーフ登板して無失点だった有坂。
自己最速となる141キロをマークした有坂は5回まで1点に抑え、同点をキープ
したが、6回に勝ち越しを許して交代、代わった奥野、宮本が追加点を奪われて
この回6失点のビックイニングとされてしまった。
今後も3投手以上を投入するような試合展開が多くなりそうだが、
継投のタイミングもポイントになりそうだ。

宮本は1回戦のリリーフを無失点、2回戦では2点ビハインドの無死満塁という
厳しい場面での登板となり、これらの走者を返してビッグイニングとされて
しまった。しかし投球内容はまとまっており、起用法如何で安定した投球を
引き出せるのではないかと感じた。

投手のベンチ入りは2試合とも同じ顔ぶれの5人で、上記の4人のほかに
2年生の松田が入った。松田も開幕戦がリーグ戦初のベンチ入り。
5人のうち開成出身の投手2人がベンチ入りしたことになる。

2カード目では各投手の力を如何にして最大限に発揮させることができるか、
それが勝利への道となるだろう。


野手陣は、開幕カード2試合とも同じメンバーがスタメンに起用された。
2三鍋 3青山 4新堀 5山下朋 6笠原 7岡 8辻居 9宇佐美舜

青山、笠原は開幕戦がリーグ戦初スタメン。
その笠原は1番で起用されると今季初打席でいきなりリーグ戦初安打。
2試合で3安打1四球1盗塁の活躍を見せた。
青山は2回戦で自身初の長打となる2点適時二塁打を放ち、"ポスト田口"の
期待に応えた。

コンバートでリーグ戦初のコンビとなった新堀、笠原の二遊間もまずまずの
守りを見せ、三塁の山下朋も安定。無難にこなした青山含め、メンバーが
変わった内野守備は順調な滑り出し。
外野陣は経験豊富なメンバーで、春は守備固めとの交代の多かった岡選手も
フル出場。
岡は開幕戦の初回に通算2号となる3点本塁打を放って先制した。これで岡は
2年生の春秋連続本塁打を達成。さらに風に流されてのラッキーな適時打も
放ち、開幕戦の全打点を叩き出す2安打1本塁打4打点の活躍。
辻居も試合連続安打で1打点。
宇佐美主将も2安打を放ち、復活を印象付けた。
山下朋、新堀にも安打が出て、あとは捕手の三鍋に安打が出れば開幕カードで
早くもスタメン野手全員に安打が出そろうところだったが、三鍋の今季初安打は
今週の立大戦に持ち越しとなった。
副将・4番・正捕手と多くの荷を背負う三鍋捕手だけに、彼が打てばチームは
さらに波に乗っていけるだろう。

ベンチメンバーでは
開幕戦でリーグ戦初のベンチ入りした梅山が2回戦に守備からリーグ戦初出場する
と、初打席で中前安打を放った。リーグ戦初打席初安打は春の井上に続いて
今年2人目。
2年生捕手の加見も2回戦の代打でリーグ戦初出場。

2試合計14安打8得点を挙げた攻撃はまずは順調な滑り出し。
オープン戦や定期戦から続く対外試合連続得点は29となった。
開幕週に登場した4チームトップとなる3盗塁と積極的な走塁も見られ、
春の4盗塁まで早くもあと1とした。

春はそれぞれ6試合、5試合にスタメン出場した堤、土井がベンチ入りせず、
投手陣では濵﨑、野手では山本、廣納らもベンチを外れるなどチーム内の争いも
厳しい。
出場した選手は選ばれた期待に応えるべく全力で試合に臨み、ベンチメンバー、
ベンチ外のメンバーとともにチーム一丸となりたい。



対する立大は第2週が開幕戦。
春のチーム防御率2.50はリーグ2位。チーム打率.239こそリーグ5位だったが、
主砲・三井の4本塁打もあって、本塁打数はリーグ1位タイの8本。

投手陣は
エース田中誠が春は防御率1.16で最優秀防御率。
大学日本代表にも選ばれており、今季も投手陣の中心。
先発の2枚目を川端が務めれば、1、2回戦とも左腕投手の先発となる。
さらに経験豊富な中川、手塚がおり、2年生左腕比屋根の復調も伝えられる。

東大は立大戦で6試合連続得点中とはいえ、昨秋からの4試合は1点ずつ。
慶大戦同様、4点、5点と得点を挙げていけるか、注目される。

打線は春は規定打席での3割こそ正捕手藤野1人にとどまったが、
種田が規定打席に3打席足りずの.406をマーク、三井が春にリーグ戦初本塁打から
一気に4本まで伸ばした。
今季も飯迫、三井、藤野を中軸に松﨑主将ら力のある選手が並ぶ。

東大投手陣としては打線を"線"として機能させないよう、要所を抑えて失点を
最小限で食い止めたい。


開幕カードを連敗で落とすも、攻撃・守備である程度の手ごたえを掴んだ東大。
リーグNo.1とも目される田中誠投手はまさに相手にとって不足なし。
投手陣が3本の矢、4本の矢で束になって立大打線を封じ、接戦をモノにしたい。
1回戦を取ることで、空気はガラッと変わるはずだ。
立大戦も初戦の1巡目から打ちまくれ!


立教スポーツ
「Go all out! Be aggressive.」
秋季リーグ戦2018
―東大戦展望―
http://www.rikkyo.ne.jp/sgrp/spsports/closeup/2018/baseball/0914-9.html


昨年の立大戦
春1回戦:4-18 敗・柴田 7安打(本塁打2、二塁打1)
春2回戦:2-11 敗・濵﨑 5安打(二塁打2)
秋1回戦:1-4 敗・濵﨑 7安打(二塁打1)
秋2回戦:1-8 敗・宮台 4安打(本塁打1)

今春の立大戦
春1回戦:1-7 敗・小林 3安打
春2回戦:1-4 敗・小林 3安打(二塁打1)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://incus.blog8.fc2.com/tb.php/1689-8bd171c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

Twitter

FC2アクセスカウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS

My Yahoo!に追加

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まにょ総研の中の人

 

Copyright © 2005 MNRI All Rights Reserved.

RSSフィード

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ