2017-11

フレッシュトーナメント!


秋のリーグ戦は慶大が7季ぶり35回目の優勝、
勝ち点1を挙げた東大は早大と並んで5位タイとなった。
東大の5位は単独5位であった97年秋以来20年ぶりである。
40季連続最下位とはなったものの、単独最下位脱出は果たした。

春のリーグ戦形式の新人戦であるフレッシュリーグに呼応して、
秋のトーナメントでの従来形式の新人戦もフレッシュトーナメントと改められた。

東大は1日目の第1試合で法大と対戦する。
この秋のリーグ戦で15年ぶり(法大からは24年ぶり)の勝ち点を挙げた相手だ。

春のFLでの法大戦は、2年生の濵﨑、小林、宮本、山下大のカルテットが登板するも
1-7で敗れている。

秋のリーグ戦の勢いのままいきたい東大であるが、
法大は秋のリーグ戦も勝ち点3で3位となっており、
強敵であることは確かである。

東大は28日にクラブチームのTOKYO METSと練習試合を行っており、
濵﨑、小林の2年生と野手登録含む5人の1年生(野村、平山、坂口、松田、横山)が
投げている。
捕手はスタメン藤井から1年生加見。

新人戦でもリーグ戦に登板した2年生投手の登板もありそうだ。
一方でこの秋のリーグ戦は3年ぶりに初登板投手ゼロで終えており、
リーグ戦未登板の投手も登板機会が得られれば、
しっかり投げて来年のリーグ戦デビューに繋げたい。

スタメン捕手は藤井が濃厚。

例年この新人戦でコンバートがお披露目されることもしばしばあり、
選手起用は読めないところが多々あるが、
リーグ戦でもレギュラーとして活躍した辻居選手や新堀選手、
山下朋選手は野手陣の核として起用されるのではないか。
リーグ戦初安打を放った青山選手らもおり、リーグ戦に続いて
このフレッシュトーナメントでも得点を積み重ねたい。
春のFLで多くの選手が神宮でのプレ-を経験していることから、
神宮デビューとなる選手は少ないと思われ、
その点これまでの秋の新人戦とはまた違ったものになるかもしれない。

主力選手の多くが卒部して挑む来春のリーグ戦だけに、
ここで来年に向けて大いにアピールする選手がたくさん出てくるとうれしい。

必ず5試合できた春と違い、
秋は初戦で敗れれば1試合、勝てば3試合と大きな差が出る。

是非明日の試合に勝って、神宮で3試合を戦いたい。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://incus.blog8.fc2.com/tb.php/1605-a1827e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

Twitter

FC2アクセスカウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS

My Yahoo!に追加

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まにょ総研の中の人

 

Copyright © 2005 MNRI All Rights Reserved.

RSSフィード

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ