2017-10

FL 明大戦!


この春から始まった総当たり戦形式の新人戦、フレッシュリーグ(FL)は
変則的に進行するため、既に3試合を終えた大学(立大、慶大、法大)
もあればまだ1試合しか終えていない大学(明大)もある。
東大と早大は2試合を終えており、東大はここまで2試合とも2ケタ失点
の大敗で0勝2敗だが、得点は2試合とも4点を挙げている。

東大のみ新入生が早期に体制が整わない等の理由で、特例ルールとして
3、4年生も出場可となっているが、前2試合のベンチ入り選手の構成は
第1戦は4年生2人、3年生6人、2年生11人、1年生6人
第2戦は4年生0人、3年生4人、2年生12人、1年生9人
となっている。

投手はこれまで、伊藤、溪、坂口、横山、松田の5人が登板。
伊藤、坂口は2試合ともに登板している。
2試合計38失点と厳しい戦いとなった中、
1年生松田投手は立大戦で1イニングを無失点に抑えている。

打線では
山下朋、岡本、星川、樫村、堤、和気の6人が1安打ずつ放っている。
打点は星川が2、山下朋、馬場、堤、和気が1。
計6安打で8得点という効率で、6本のうち4本が適時打である。

第3戦以降はリーグ戦の東大の試合との兄弟試合ではなくなるため、
特例ルール上は主将以下全選手が出場可能だが、
実際はトーナメントの新人戦に近くなり、完全に1、2年生のみの起用か、
3年生数人が入るくらいになりそうか。

リーグ戦に出場した
濵﨑、小林、山下大、宮本の4投手や
リーグ戦で安打を放った新堀、廣納、辻居、
代走で盗塁を決めている浅木
の2年生8選手がFLに参戦することで、選手層はグッと厚くなる。

さて、FLは試合の開催スケジュールも変則的なため、
トーナメント形式の新人戦に比べて特別ルールが増えている。

FL第3戦までは、試合開始から1時間50分経過で新しいイニングに入らない
特別ルールが適用される。

リーグ戦とは別の日に開催される第4戦以降は、
1時間50分ルールは無くなる代わり、5回終了後10点差、7回終了後7点差で
コールドゲームとする特別ルールが適用される。

このルールを過去のトーナメント形式の新人戦に当てはめると、
直近10年間の22試合(1勝21敗)のうち、
5回コールドになるケースが1回、7回コールドになるケースが5回となる。

東大は土曜、中2日で火曜、連戦で水曜という日程で残り3試合を戦う。
リーグ戦メンバーも起用可能になるが試合日程も比較的タイトなので、
投手陣の起用法も注目される。

FL第3戦、対明大戦は、東大にとってはリーグ戦中に行われる最後のFLの
試合になるが、この試合の特徴は、東大自身のリーグ戦との兄弟開催ではなく、
なんと早慶戦との同日開催となることだ。

8時半開門で9時からの試合となる。
早慶戦の試合開始は13時で、チケットはFLと早慶戦で共通である。

早慶戦の"前座"として行われる極めて変則的な日程だが、
一体どんな雰囲気の試合になるのか、今一つ想像がつかない。
選手としては落ち着いて自分のプレーをしっかりしてほしい。

過去の2試合大差で敗れてしまったが、
第3戦以降、とくに投手陣が奮起して締まった戦いをしたい。
既に残りを全勝しても優勝の可能性はないが、
秋のリーグ戦へ向けた競争の第一歩として、神宮での3試合で大いにアピールしたい。


今春のフレッシュリーグ
第1戦: 東大 4-15 慶大 敗・伊藤 4安打 (三塁打1)
第2戦: 東大 4-23 立大 敗・坂口 2安打 (二塁打1)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://incus.blog8.fc2.com/tb.php/1551-ec80df62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

Twitter

FC2アクセスカウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS

My Yahoo!に追加

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まにょ総研の中の人

 

Copyright © 2005 MNRI All Rights Reserved.

RSSフィード

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ