2017-10

立大戦!



第5週は立大戦。

東大は前週早大戦も連敗で落とし、0勝6敗で4カード目を迎えた。
対する立大は3勝2敗2分、開幕週に法大から勝ち点を取ったが、
第3週慶大戦では勝ち点を落としての3カード目である。

東大の6試合での総得点は13、総失点は58。
得失点レシオは4.46となり、私が最低限維持すべき力の目安としている
4を割ってしまった。
打線は3点打線には届かないものの1試合平均2得点以上をキープしており、
やはり投手陣の奮起がより期待される状況と言える。

チーム防御率は9.00(リーグ6位)、チーム打率は.174(リーグ6位)。
防御率、打率ともに5位と差がついての最下位となっている。

昨春の同時点では5.70と.216であったから、数字は大きく下がっている。
このことは率直に認めなければならないが、記録というのは所詮は
全て過去のものである。
先週までは先週まで、今週からは今週からである。

順位争いを演じるには、他の5校が既に勝ち点を1つ以上は挙げているため、
立大戦で勝ち点を挙げて最終カードに挑む形を作らねばならない。

先発投手は、開幕から2カードは1回戦宮台、2回戦小林であったが、
3カード目の早大戦では、2回戦先発に昨春以来リーグ戦6度目の先発
となる柴田を起用。4年生二人の先発登板となった。
東大で1,2回戦に4年生投手二人が先発するのは実に07年秋以来10年ぶり
であった。

柴田は序盤3回までを無失点で4回2失点で交代したが、
立大戦でも2回戦先発の最有力候補だ。
宮台投手はここまで18イニングで与四死球29という制球難が影響して、
防御率は10.50まで落ち込んでいるが、監督の前向きなコメントを
見る限りは立大戦でも1回戦先発を任される公算大。

先日Twitterにも書いたが、4年生時の重信投手(04-07)は春のリーグ戦の
防御率10.26から秋のリーグ戦同3.86でリーグ戦初勝利を挙げた。
そしてそこからさらに社会人野球で9年間プレー。
きっかけを掴めば、その力はさらに高い次元で一気に開花するだろう。
その場面が今週末訪れるか。

リーグ戦27試合(うち先発15度)に登板し、通算4勝の宮台投手、
リーグ戦35試合(うち先発6度)に登板し、1勝を挙げている柴田投手、
上で記録はあくまで過去のものと書いたばかりだが、
数字として"目に見える"記録には、"目に見えない"経験というものが
付いてくる。
豊富な経験の引き出しをフル活用して、勝てる投球をしたい。
とにかく1点少なく抑えればよいのだ。

ベンチ入り投手は他に過去3カードに登板している
川口、濵﨑、小林、山下大の4人で変わりないか。
日曜日にはフレッシュリーグが行われることもあり、
投手の振り分けも必要になる。



打線は早大戦では1回戦で4得点も2回戦は今季2度目の完封負け。
昨秋の立大戦でも、1、2回戦は14、11安打とよく打ったが、
3回戦は3安打無得点に終わった。

点が取れる試合の確率は上がっており、あとはビッグイニングを
作ること、勝ち点へ向けては最後まで"打ち切って"勝ち切ることである。

打線では山田、田口、楠田、竹中、宇佐美舜の5人が規定打席に達しており、
竹中の.250がチーム最高。楠田.238、山田.227までが2割台。
この5人でチーム13得点のうちの11打点を挙げているまさに打線の核と
なる5人だ。

ほかに右翼でスタメン起用されている杉本が3安打、
捕手の森田、三鍋、投手の宮台が1安打、
そして控えの齋藤、辻居、廣納、新堀が1安打。
捕手の三鍋、4年生齋藤、そして辻居、廣納、新堀の2年生3人は
この1安打がリーグ戦初安打。

二塁でスタメン起用されている水島にまだ安打が出ておらず、
途中交代も増えてきている。
昨年まで通算21-7,.333と高打率を誇った水島だけに底力を見せたい
立大戦であるが、田畑、岩田の起用の可能性もあるかもしれない。
現在唯一レギュラー争いがキナ臭いポジションであり、
誰が起用されても結果を出してアピールしたい。



対する立大は、ここまで勝ち点1で残り3カード。
まだMAX勝ち点4の可能性を有している。
21世紀初となるリーグ戦優勝に向けて、当然勝ち点を取らねばならない。

ここまで7試合3勝2敗2分、勝ち点1。
チーム防御率3.60(リーグ5位)、チーム打率.271(リーグ3位)。

総得点21、総失点28であり、1試合平均は丁度3得点&4失点ということになる。
東大としては4-3で勝つ野球を演じたい相手だ。

投手陣は開幕からの2カード、田中誠が1回戦、手塚が2回戦に先発している。
3回戦を含めて田中誠が4試合、手塚が3試合に先発。
防御率こそともに4点台だが、この両2年生が投手陣の核であり、
東大戦でもこの2人が先発を務める可能性が高いだろう。

リリーフでは4年生藤田、3年生中村、2年生宮崎、1年生の中川、比屋根の
5人がこれまで登板している。
中でも1年生のアンダースロー中川は、4試合8イニングを無失点と好投。
与四死球は1と安定している。

先発を打ち崩してもまだ好投手が控える格好だが、1人1人撃破していくのみ
である。

チームの与四死球は7試合で14個と1試合平均2個で6校中最少。
東大の6試合62個で1試合平均10個を超えているのとは大差があり、
東大としてはまずこの差をどれだけ縮められるかが勝負の重要なポイントになる。


打線は7試合で21得点を挙げている。
規定打席を満たしているのは6人で、飯迫の.379を筆頭に6人全員が2割台以上。

打率.438と好調だった主砲笠松は前週慶大戦で負傷し、3、4回戦を欠場しており、
東大戦での出場も微妙。
しかし仮に笠松がいなくても強力な打線であることに変わりはない。


後半戦、0勝6敗からの空気を変えるのは、
宮台投手の好投で1回戦に勝利することであるのは間違いないが、
悲壮感をもってするのではなく、好きな野球をしたい仲間が集まって、
夢中になってプレーする、楽しい野球の先にそれがあってほしいとは
キレイゴトを言いすぎか。

挑戦者として"下剋上"の勝ち点を挙げるべく、後半戦を一戦必勝で戦いたい。
"君たちは勝つ!"

立教スポーツ 戮力同心③ 春季リーグ戦2017 ―東大戦展望―
http://www.rikkyo.ne.jp/sgrp/spsports/closeup/2017/baseball/0504.html


一昨年の立大戦
春1回戦;4-5 敗・山本俊 10安打(二塁打1)
春2回戦:0-4 敗・三木 2安打(二塁打1)
秋1回戦:0-5 敗・宮台 4安打(二塁打1)
秋2回戦:3-6 敗・辰亥 6安打(三塁打1、二塁打1)

昨年の立大戦
春1回戦;4-0 勝・宮台 9安打(三塁打1、二塁打2)
春2回戦:0-15 敗・柴田 7安打
春3回戦:2-8 敗・柴田 7安打(二塁打2)
秋1回戦:4-3 勝・宮台 14安打(二塁打1)
秋2回戦:4-7 敗・柴田 11安打(本塁打1、二塁打3)
秋3回戦:0-6 敗・三木 3安打
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://incus.blog8.fc2.com/tb.php/1542-9f46f1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

Twitter

FC2アクセスカウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS

My Yahoo!に追加

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まにょ総研の中の人

 

Copyright © 2005 MNRI All Rights Reserved.

RSSフィード

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ