2017-11

FL 立大戦!


前々週15日に東大にとってのフレッシュリーグ(FL)開幕戦となる慶大戦が行われた。

試合前から話題になっていたのが、
3年生伊藤一志投手の神宮デビューとなる先発登板であった。

40歳という年齢のインパクトが先行するため、3年生という学年が意識されにくいが、
有坂投手、宇佐美選手らと同級であり、勉学でもしっかりと教育学部に進学している。

伊藤投手の先発登板は1イニングを被安打2、与四死球3、4失点も自責点は1という内容。
昨年からの練習でナックルボールを習得しており、36球中14球がナックルであったと
いう。

伊藤投手のあとは渓投手、坂口投手のリレー。
ベンチには投手は4人しか入らなかったが、
試合開始から1時間50分を経て新しいイニングに入らないFL特別ルールの適用により、
ギリギリ試合が成立する5回で終了となったこともあり、登板は3人であった。
この特別ルールの存在により、東大の投手繰りはあまり苦しくならないことが
実感された。

しかしもし4回終了で1時間50分に達してしまった場合はノーゲームになるだろうか?

FLの名称はトーナメント方式の新人戦を総当たりで実施するに当たり名付けられた
ものであり、位置づけは新人戦であるが、試合数の増加と実施時期の繰り上がりが
考慮され、東大のみは3、4年生も出場できる特例が設けられている。

結果、この日の東大のベンチ入りは
4年生2人、3年生6人と"オーバーエイジ"は8人。
2年生が最多で11人、1年生は6人がベンチ入りした。

この試合で多くの選手が神宮デビューを果たし、
3、4年生の選手登録の部員は全員神宮でのプレーを経験したことになった。

この試合で神宮デビューを飾ったのは
宮崎、伊藤、星川、溪、坂口、大﨑、樫村、山下朋、大鳥、岡本、北澤、堀田、
松延、武隈の各選手。

3年生星川選手は見事に右中間を破る2点適時三塁打を放った。
そのほか山下朋、岡本、樫村の2年生3人が神宮初安打を放っている。

1年生では武隈選手が神宮デビュー一番乗り。


東大の1年生笠原選手と立大の1年生中川投手の友情について、
高校野球のニュース記事にもなっていたが、
http://www.asahi.com/koshien/articles/ASJ7T3JQNJ7TULOB002.html
中川投手はリーグ戦の戦力になっているため、両選手の対決は今回のFLでは
実現する可能性は低く、リーグ戦での対戦を待つ必要がありそう。


慶大戦では投手陣が被安打10、与四死球12で15失点。
打線は4安打、5四死球で4得点と点差はついたが打線は少ないチャンスを
しぶとくモノにした印象。
失策は記録上も5イニングで4個と多く、さらに記録に残らないプレーも
あり、課題を残している。

FLは神宮でプレーをするという経験の場であり、リーグ戦へのアピールの場で
ある。その名の如くフレッシュな、活きのいいプレーを期待したい。
日程が進むごとに、1年生の出場も増えてきそうだ。

7日(日)の立大戦では投手が踏ん張り、守備も引き締めてより競った試合を展開したい。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://incus.blog8.fc2.com/tb.php/1541-543b0ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

Twitter

FC2アクセスカウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS

My Yahoo!に追加

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まにょ総研の中の人

 

Copyright © 2005 MNRI All Rights Reserved.

RSSフィード

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ