2017-10

慶大戦!


第2週は慶大戦。

昨秋に続いて第2週での対戦となった。

東大は明大に連敗スタートしての2カード目、
慶大はこれが開幕カード。

慶大戦は08年秋の鈴木優一投手1失点完投勝利以来、現在34連敗中と
対戦5校の中で最も勝利から遠ざかっている相手。
昨秋2回戦で8回終了まで6-5とリードしたが9回に逆転負け。
この春こそ勝利を挙げたい。

開幕カードの明大戦、東大は1回戦に復活登板の宮台投手が先発。
このオフに改造に取り組んだ新フォームで昨春以来のリーグ戦先発と
なった宮台投手は、最速146キロも制球がバラつき、4回まで無失点に
抑えたものの5回に4連続四死球の押し出しで先制点を与えると、
溜まった走者をタイムリーで還してしまい、一挙5失点。
らしからぬビッグイニングを作られる投球で5回途中でマウンドを譲った。
4回2/3を投げて88球、被安打4、与四死球7、奪三振1、自責点5。
直後の6回に打線が宇佐美、竹中、山田、田口の4連打で2点を返し、
2番手の濵﨑投手がMAX138キロで3回1/3を1失点に抑える好投を見せたが、
2-6で初戦を落とした。

2回戦先発は昨秋先発でデビューした2年生の小林。
昨季はデビュー登板で162球を投げるなど、走者を背負っても粘りの
投球を見せる中にも制球難から球数が多くなってしまう傾向があったが、
今季は制球力が向上したとの監督談もあり、期待されたが、
2回に先制ソロを浴び、さらに走者を背負ったところから制球が乱れ、
一挙4失点で降板、代わった濵﨑も疲れもあったか好投した1回戦の
再現はならず、3回には9失点のビッグイニングとされて序盤で大差がついた。
打線も散発4安打に止まり、今季初の完封負けを喫した。

東大は明大戦2試合で上述の投手含めて
宮台、柴田、川口、小林、濵﨑、山下大の各投手が登板。

川口は2回戦で1年生秋以来3季ぶりの復帰登板を果たし、3イニングを
四球1つに抑えた。川口は15年秋のシーズン、5試合6回1/3を投げて
被安打4が全てソロ本塁打であった。明大2回戦での登板も被安打ゼロで
あったため、デビュー以来9回1/3を投げて被本塁打以外の被安打がない
という珍しい記録を続けている。

2試合で19失点、チーム防御率は9.53という数字だが、
17イニングのうち得点を許したのは4イニングだけ。
明治の爆発力にやられたが、毎回のように四球で走者を溜めて長打で…
という"だらだらした"やられ方ではなかったのが救いか。

まずは1回戦先発が予想される宮台投手がリーグ戦2カード目、
どのように修正してくるか注目される。
宮台投手が(もちろん勝って)いい流れを作り、2回戦小林投手へバトンを
渡したい。

投手陣が2試合で与えた四死球が16、味方打線が得た四死球が8。
一昨年秋のリーグ戦で29年ぶりに
「対戦校投手陣の与四死球>東大投手陣の与四死球」
を達成したのだが、やはりいかに四死球を相手打線与えず、
逆に味方打線が得るかは1つの大事なポイントである。
慶大戦では投手陣は与四死球を減らしたい。

捕手は1回戦では森田、2回戦では三鍋がスタメンマスクを被った。
いずれもこれがリーグ戦初スタメンマスク。
"喜入捕手の穴"という言い方が避けられないポジションだが、
昨年"飯田選手の穴"を桐生選手、水島選手が見事に埋めてみせたように、
今季の捕手も1戦1戦経験値を上げながら不安を吹き飛ばしたい。
個人的には三鍋捕手はもっとマウンドに行っていいのではないかと
思ったが?

打線は2試合で8安打、長打はゼロ。チーム打率は.131。

安打を放ったのは竹中が3本、宇佐美、山田、田口、楠田、三鍋が1本ずつ。
三鍋の1本はリーグ戦初安打。
盗塁が山田と浅木各1つで計2つ。代走で盗塁を決めた浅木はリーグ戦初盗塁。

緒戦の2得点で強打の片鱗は見せたが、その力はまだまだこんなものではないはず。
昨年の慶應戦では、秋の加藤拓ノーヒットノーラン以外の3試合では計31安打
しており、各2回戦では長打も計6本。
今季は加藤拓が抜けた投手陣との対戦となり、一冬の間に力はつけているで
あろうが、東大打線としてはしっかり食らいついて大量点を上げたいところだ。

明大戦では森田、三鍋がスタメンマスクデビューし、
浅木、辻居がリーグ戦デビュー。

春の東大は06年~14年まで9年間勝ち星がなかったなど、
なかなか厳しい戦いが続いたが、15年に連敗ストップの勝利、
16年には04年以来の春3勝を挙げた。
新入生のタグの"春から東大"ならぬ"春から強い東大"をこの慶大戦から仕切り直しで
改めて見せつけていきたい。


対する慶大は、この第2週が開幕となる。

昨秋は優勝争いを展開し、勝ち点4で2位。
優勝こそならなかったが、早慶戦でも勝ち点を挙げて大エース加藤拓が
有終の美を飾った。

今季の慶大は、リーグ戦で勝利経験のある投手が2人(各1勝)となり、
3人が計6勝している東大と比べても経験という点では"若い"投手陣となっている。

勝利経験のある4年生清水洋、3年生菊地はじめ、2年生高橋佑、さらには
1年生関根まで各学年にエース候補がいる。
経験的に"若い"投手だが、数はいるだけに大久保監督の采配もポイントになりそう。

捕手は昨秋1年生ながら見事に正捕手を務めた郡司捕手が
レギュラー2季目を迎えており、その経験から投手陣を引っ張っていける立場。

なかなかその総合力を見極めづらいところがあるが、
東大としては出てくる投手を次々と柔道の乱取りの如く1人ずつ倒していきたい。

打線は全6校の現役選手中最多本塁打9本を放っている岩見を筆頭に、
1年生にして春秋で27安打(.314)をマークした柳町、秋に正捕手に定着した郡司ら
核となる選手が残っている。
東大としては主将・照屋らの1,2番、比較的経験の浅い選手が入りそうな下位打線を
抑えて失点を最小限に止めたい。

社会人対抗戦での完封勝利もあり、"何か勝てそうな雰囲気(周囲が勝手に思って
いただけかもしれないが)"で開幕して冷や水を浴びせられた形の東大、
この2カード目で再び挑戦者としてタフな戦いで慶大戦9年ぶりの勝利を掴みたい。
1勝の次にはもちろん15年ぶりの勝ち点挑戦が控える。
"チーム記録の○○年ぶり!を一旦なくしたい(リセットしたい)"と話す宮台投手の
ピッチングから、まずはこの2つの数字をリセットして、中盤戦へ向けてチームの
雰囲気も実力も高めていきたい。
チーム2017の真価が問われる2カード目である。


一昨年の慶大戦
春1回戦:0-8 敗・山本俊 4安打(二塁打1)
春2回戦:2-9 敗・辰亥 6安打(二塁打2)
秋1回戦:1-5 敗・柴田 3安打(本塁打1)
秋2回戦:3-9 敗・山本俊 6安打(本塁打1、二塁打1)

昨年の慶大戦
春1回戦:1-6 敗・宮台 9安打
春2回戦:4-9 敗・柴田 11安打(二塁打4) 
秋1回戦:0-8 敗・有坂 0安打 <慶大・加藤拓無安打無得点試合達成>
秋2回戦:6-9 敗・柴田 11安打(二塁打2)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://incus.blog8.fc2.com/tb.php/1532-3642e869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

Twitter

FC2アクセスカウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS

My Yahoo!に追加

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まにょ総研の中の人

 

Copyright © 2005 MNRI All Rights Reserved.

RSSフィード

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ