2017-10

明大戦!



秋の開幕カードは明大戦。

この春の明大は、東大に12年ぶりの敗戦を喫したのをはじめ、
各校に1敗するも、10勝5敗1分の勝ち点5で完全優勝を達成した。

以前から試合数の多くなるイメージのある明大、
"本当に野球が大好きなんだね!"などどいじられることもあるが、
まさにそんな野球の好きな明大の面目躍如のシーズンとなった。

一方の東大は、
開幕戦早大1回戦で宮台が好投しながらも0-1xで完投サヨナラ負けを
喫すると翌週明大1回戦で宮台がまたも0-1xの完投サヨナラ負け。
しかし雨で1日置いた2回戦、柴田→有坂のリレーで明大を2点に抑えると、
山田のサヨナラ打で明大戦12年ぶりの勝利を挙げた。
有坂はリーグ戦登板2試合目での初勝利。

すると完全にエースの風格の宮台が立大戦で自身初、チーム11年ぶりの
完封でリーグ戦2勝目、続く法大戦でも完投勝利してチーム12年ぶりの
シーズン3勝、8年ぶりの個人でのシーズン2勝を挙げた。

しかしながら勝利を挙げた3カードとも14年ぶり勝ち点には手が届かず。
大きく躍進するとともに壁の厚さもまさに肌感覚で実感するシーズン
となった。

今季の東大の課題は2番手以降の投手のレベルアップとされてきた。
東大にはリーグ戦11試合の先発経験を持つ148キロ右腕の山本俊、
昨秋21イニング投げて防御率3.00の柴田、この春8試合を投げて
防御率は10.19も初勝利を挙げた有坂と有望な投手がおり、
さらに2年生秋の立大との新人戦で8回1失点の三木、2年秋のリーグ戦で
明大相手に5回2/3を無失点に抑えた吉川、1年生秋にリリーフで
防御率3.27、肘の手術から復活した出田と実績のある4年生、
夏のオープン戦2勝の竹中、そして4人の1年生投手と活躍が期待される
下級生投手がずらりと並ぶ。

彼ら1人1人が自分の仕事をしっかり果たせば、2番手投手探しどころか
東大史上屈指の"投手王国"と呼んで差し支えない状況が現出すると思われる。

その中で、開幕が近づくにつれて顕在化してきたのが、宮台投手の調整遅れで
ある。代表候補合宿を経て晴れて大越投手以来33年ぶりの大学日本代表に
選ばれた宮台投手は、7月15日の日米野球での先発登板のあと、
室蘭合宿で先発予定と伝えられた室蘭シャークス戦での登板を回避、
さらには六大学オールスター、侍高校代表壮行試合の出場辞退と実戦登板から
遠ざかったまま、夏のオープン戦の全日程を終えた。

その宮台投手が開幕明大戦で先発するか否かは現時点でハッキリしてしない。
各報道には"登板回避"と"ぶっつけ本番"の2つの言葉をみることができる。

個人的には、宮台投手の開幕戦登板はないと予想。
一方で、オープン戦の中で打席には立っているという情報があることから、
指名打者制のないリーグ戦においてはベンチ入りして代打待機するというのが
有力な起用法ではないかと推測する。

そうなった場合、開幕カードの先発は、オープン戦ラスト3連戦の
有坂、竹中、小林という先発3投手の中から、1回戦有坂、2回戦竹中の両2年生の
先発と予想する。

継投が前提となることから、投手のベンチ入り人数もやや多くなる可能性があり、
7±1人と予想。
山本俊、三木、柴田、有坂、竹中、小林、濵﨑で7人、
ここに出田、吉川、宮本、山下大を加えた争いか。


捕手は喜入捕手がラストシーズンを迎える。
後述するように下雅意選手は外野手コンバートとなり、控え捕手は森田と
投手から転向した2年生三鍋が有力と思われる。
集大成の喜入捕手、この秋目指すはチームの順位を上げてのベストナインだろう。

内野は一塁田口、三塁山本克、遊撃山田は堅いところだが、
二塁は春ベストナインの4年生桐生か、進境著しい3年生水島か。
レベルの高いポジション争いの末、開幕セカンドに名が挙がるのはいずれか
注目される。
春から秋にかけて多くのコンバートがあったが、開幕直前現在、
一旦捕手に転じた磯野選手、岩田選手は内野に再転向した。
高野、新堀、廣納の1年生3内野手もベンチ入り有力な選手たち。
1年生のリーグ戦初安打1番乗りを果たすのは誰になるか。

外野は春から大きな変動がありそうだ。
春のリーグ戦、故障と守備不安からスタメン出場が5試合に止まるも打率.308を
残した楠田が再び左翼レギュラー定着を狙い、4年生下雅意は甲陽学院の先輩笠原が
4年春の捕手から秋に中堅レギュラーへとコンバートされた再現を果たす勢いだ。
右翼の有力は2年生山本修。
ここに昨春はチームトップの打率を残した4年生田中、この春は初のレギュラーで
規定打席に到達した2年生宇佐美、同じく2年生の杉本、高専編入で3年目ながら
ラストシーズンとなる平野らが加わって層の厚い外野のレギュラー争いが展開される。

打力と守備力、試合展開の中で、あるいは勝ち点を睨んだ1カード3試合の戦いの中で、
個々の選手の特徴を活かしていくか、首脳陣の采配も注目される。

上記の内容とも重なって来るが、レベルの高いレギュラー争いが展開される結果として、
代打陣の層も厚くなる。
仮に桐生、宮台、森田、三鍋とベンチに控えると考えれば、
試合終盤の代打起用の選択肢は非常に贅沢だ。


宮台投手が明大戦での登板回避となると、
春のシーズンには"宮台投手とゆかいな仲間たち"の扱いになりかねなかった投手陣
個々にスポットが当たることになるだろう。
中でも先発が予想される有坂、竹中、春のケガから復帰の山本俊が注目されよう。

野手陣では1番中堅が予想される下雅意が個人的な注目の筆頭。
春の桐生の再現で初レギュラーから一気にベストナインを狙いたい。

セカンドはレベルの高い争いからどのような成績を残すか。

打線は春のチーム打率.233を上回り、.250越えも十分狙える。
ちなみにチーム打率の史上最高は371-94.,253、シーズン最多安打は101本(今春96本)
であり、記録更新も十分視野に入る。
春2人だった3割打者は何人誕生するか。
長打力を増した打線には1試合平均3点以上の得点を期待したい。


一方の明大は、
柳、星の両4年生が先発起用されることが有力。
大学代表の齋藤、春2の水野らをリリーフとして待機させる贅沢な投手陣となる。

捕手には春5本塁打、大学代表でも経験を積んだ4年生牛島。

野手ではハーレム代表の4年生吉田大をはじめ、春ベストナインの4年生佐野恵、
2年生の逢澤がおり、三塁渡辺も2年生。
さらに監督は、萩原および野手転向の川口といったリーグ戦でまだ安打を放って
いない4年生のスタメン起用も示唆している。
投手、野手ともに4年生のチームの印象が強く、最後の秋の集大成という
チームカラーも醸し出しやすい感があるが、そこに逢澤、渡辺、越智ら下級生が
存在感を発揮するとさらにチームとして充実しそう。

春の16試合は多すぎたと話す明大の監督・選手たち、今季は3 、4回戦マニアを返上して
10試合で勝ち切っての優勝を目指すという。

その野望を開幕戦で早速打ち砕きたいのが東大。
勝ち点、最下位脱出へ、開幕明大戦から120%の結果を貪欲に求めたい。
柳投手を倒すラストチャンスとなるカード、大学代表の主将を倒して秋の主役に
名乗りを上げたい。




昨年の明大戦
春1回戦:0-2 敗:山本俊 3安打(二塁打1)
春2回戦:0-7 敗:辰亥 5安打
秋1回戦:1-2 敗:柴田 5安打(本塁打1、二塁打1)
秋2回戦:0-2 敗:山本俊 4安打

今春の明大戦
春1回戦:0-1x 敗:宮台 2安打 (二塁打1)
春2回戦:3x-2 勝:有坂 8安打 (二塁打2)
春3回戦:3-12 敗:宮台 3安打 (本塁打1、三塁打1、二塁打1)

関連記事

コメント

いよいよ開幕しましたね!
昨日現地観戦してました。やはり宮台抜きでは。。といった試合展開でしたが、ベストナイン桐生を抑えてレギュラーを勝ち取った水島が猛打賞。
田口が柳から逆方向にホームラン。

投手陣が踏ん張っていれば。。といった試合展開でしたね。

下雅意君を一番に置くことで、攻撃力はかなり上がりますが、やはり桐生君のような足、小技も使える選手がいないと相手にプレッシャーは与えられないのでは?とも思いました。
春は好投手から完全にモーション盗んでの盗塁もありましたし、打者ー投手の一対一ではなかなか厳しいので、投手ー打者+走者の攻撃が噛み合っての春の躍進だったと思います。
偉そうな事ばかりですみません。。


今日は行けなかったのてすが、酷い誤審だったみたいですね。それも勝負所で。。
観戦してたら退場処分されるくらい、暴言吐いてたかもしれません。。汗

でも最初のカードでこんなに悔しい思いをしたというのは、良い経験かもしれないですね。普段ニコニコ?ニヤニヤ!?してる山本君が泣いてたとも聞きました。
なんとしても残り勝って、最下位脱出と言わず優勝目指して頑張ってもらいたいです!!

大柄な熱狂的東大ファンさん、

ブログの管理が悪くてすみません。

立教戦で待望の勝利、下雅意選手も桐生選手もしっかり活躍しましたね!
下雅意選手、桐生選手に続いてベストナイン狙える位置にいます。
山本俊投手も誤審にめげず、次の登板からもいい仕事をしましたね。

レスが遅くなる間に最終カードになってしまいましたが、
今週末、5位を掴んでほしいです。

単にいくつも勝ったから、という以上にこのチームを応援できる喜びを
感じています。最後、勝って卒部セレモニーやりたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://incus.blog8.fc2.com/tb.php/1494-fdac531b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

Twitter

FC2アクセスカウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS

My Yahoo!に追加

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まにょ総研の中の人

 

Copyright © 2005 MNRI All Rights Reserved.

RSSフィード

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ