2019-08

TwitterとFacebook

現在、ブログは最低限の更新となっておりますが、
TwitterとFacebookで情報をupしております。
TwitterでのツイートのアーカイブのURLと
FacebookページのURLは以下の通りです。

Twitterの過去ツイート http://twilog.org/manyosouken
Facebookページ https://www.facebook.com/mnri.baseball

よろしくお願いいたします。

FL立大戦!


フレッシュリーグ(FL)の東大今季最終戦となる第5戦は立大戦。

リーグ戦を終え、今季初めてFL→リーグ戦と続くいわゆる兄弟試合
ではなく、早慶戦の前座試合として行われたFL第4戦の法大戦、
東大は今季初めて3年生以上のオーバーエイジ選手抜きの
1、2年生のみのメンバーで挑んだ。

兄弟試合日は、リーグ戦にベンチ入りするメンバーはFLで
ベンチ入り出来ないが、第4戦からはFL単独の試合となり、
リーグ戦最終戦にベンチ入りしていたメンバーからは
奥野、小宗、田中啓、松岡、井上慶、森末、安田がベンチ入り。
実力・経験のある選手が加わった。

東大の先発はこの春のリーグ戦でも4試合に登板した奥野。
4回を2失点に抑えて交代。
2番手は今春のリーグ戦で3試合の先発含む4試合に登板した小宗。
リーグ戦では9イニングで与四死球17と荒れた小宗もこの試合は
4回を与四死球2でまとめて1失点。
2人のリレーで法大を8イニング3失点に抑えた。

第3戦でFL今季初得点を挙げた打線は、5回まで無得点も、
6回に井上慶がFL3年目にして東大初となる本塁打を放って反撃開始。

7回には森末の適時打に相手のエラーが絡んで3-2と逆転に成功。
同点とされた直後の8回には宮﨑が勝ち越し打となる2点適時三塁打
を放って5-3。
8回裏を小宗が無失点に抑えたところで試合開始から2時間が経過
しており、2時間を超えて新しいイニングに入らない連盟規定に
より8回で打ち切りとなって東大が勝利した。

小宗投手が神宮初勝利。現2年生の学年では、リーグ戦、新人戦通じて
の初の勝利投手。

打線は本塁打、三塁打、二塁打を放ってチームとしてサイクル安打
を達成した。

東大のFL勝利は開始初年度の16年から3季連続で、
法大からは初勝利(16年明大、17年慶大)。

そして通算3勝全てが早慶戦の前座試合で挙げた勝ち星で、
早慶戦の前座試合は3勝0敗、それ以外は0勝11敗と対照的な
結果になっている。

1勝3敗で立大と並び、最終カードでの相星対決となったことから、
立大戦に勝利すれば自力で最下位回避の5位以上が確定する。
最終順位は他の4校の成績も影響するためまだ不確定要因が多い。

東大は昨春のFLでは単独5位であり、最下位転落は避けたいところで、
立大戦に勝って自力で単独5位以上を決めたい。


対する立大はここまで1勝3敗。東大に敗れれば最下位が確定する
(5位タイないし6位)。
両校1勝3敗で条件は同じ、立大も自力で最下位回避を決めたい
ところで、両校にとっての今季のFL最終戦は譲れない戦いとなる。

東大はこの対戦に競り勝って大きな経験値と自身を得て秋に臨みたい。


昨春のフレッシュリーグ
第1戦: 東大 0-15 法大 (6回時間切れ) 敗・渓 3安打
第2戦: 東大 7-5 慶大 (6回時間切れ) 勝・濵﨑 9安打
第3戦: 東大 3-7 早大 敗・野村 7安打(三塁打2)
第4戦: 東大 2-3 明大 敗・松田 4安打(二塁打1)
第5戦: 東大 2-3 立大 敗・坂口 7安打

今春のフレッシュリーグ
第1戦: 東大 0-10 早大 (7回時間切れ) 敗・小林瑶 1安打(二塁打1)
第2戦: 東大 0-10 慶大 敗:小林瑶 3安打(二塁打1)
第3戦: 東大 1-3 明大 敗:柳川 4安打(二塁打1)
第4戦: 東大 5-3 法大(8回時間切れ) 勝:小宗 8安打(本塁打1、三塁打1、二塁打1)

FL法大戦!


フレッシュリーグ(FL)第4戦は法大戦。

東大は前週、今季のリーグ戦を0勝10敗で終了したが、
FLはまだ2試合を残している。
ここまでの3試合で未だ勝ち星はなく、リーグ戦を含めた
今春の初勝利を掴むべく第4戦に挑む。

第1、2戦と連続完封負けを喫した東大であったが、
第3戦で今季FL初得点。
失点も第1、2戦とも2ケタ10点を奪われていたが、
第3戦は3失点に止め、1-3と今季初めてロースコアの接戦を演じた。

第3戦には今春リーグ戦デビューを果たし、5試合に登板した
2年生の柳川を起用。4回3失点(自責点2)のあとは
第2戦にリリーフで復帰登板した3年生松田が4回を無失点に抑えた。

打線では4番に座った山﨑捕手が今季のFL初得点となる適時三塁打
を放った。
辻選手は第2戦に続いての二塁打。

第2戦では野手スタメンにオーバーエイジの選手を使わなかったが、
第3戦では1番中堅に伊津野、9番左翼に川出と2人の3年生をスタメン
起用した。
第2戦で4人がスタメンに名を連ねた1年生は、第3戦では8番右翼の
宮﨑1人となった。

伊津野はチーム唯一のマルチ安打となる2安打。

2年生榎本が代走で神宮デビュー。

投手では井澤、岸野、金子、内野手では浦田の4人の1年生が
初のFLベンチ入りし、期待の1年生投手井澤は一塁守備での
神宮デビューとなった。

今季のFLは現時点で立大は4試合消化しているのに対し、
法大はまだ1試合しか消化していないなどバラツキが大きい。
最終順位はまだ全く読めないが、東大としては、
現在立大が1勝3敗で、それぞれの第5戦で東大と対戦するため、
東大は法大戦の結果に関係なく、立大戦に勝利すれば5位タイ以上
が確定。
第4戦法大に勝利していれば1勝3敗同士の対戦となって、
自力で昨春に続く最下位回避が可能。


対する法大は初戦の立大に勝利して1勝0敗。
土曜日の東大戦から雨がなければ5日間で4試合を行う過密日程。
条件は不利だがまだ全勝での優勝が狙えるだけに
ここからの4試合の最初の試合となる東大戦に勝利して
優勝への弾みを付けたいところだろう。

リーグ戦は勝ち点1の5位で終了し、秋へ向けて新戦力の台頭も
期待されるだけに1、2年生はこの4試合をいいアピールの場に
したいだろう。

東大としては昨季の5位を確保し、さらに上を狙うため、
選手層の厚い法大をここまで3試合を戦ってきた経験を活かして
迎え撃ちたい。



昨春のフレッシュリーグ
第1戦: 東大 0-15 法大 (6回時間切れ) 敗・渓 3安打
第2戦: 東大 7-5 慶大 (6回時間切れ) 勝・濵﨑 9安打
第3戦: 東大 3-7 早大 敗・野村 7安打(三塁打2)
第4戦: 東大 2-3 明大 敗・松田 4安打(二塁打1)
第5戦: 東大 2-3 立大 敗・坂口 7安打

今春のフレッシュリーグ
第1戦: 東大 0-10 早大 (7回時間切れ) 敗・小林瑶 1安打(二塁打1)
第2戦: 東大 0-10 慶大 敗:小林瑶 3安打(二塁打1)
第3戦: 東大 1-3 明大 敗:柳川 4安打(二塁打1)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

Twitter

FC2アクセスカウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS

My Yahoo!に追加

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まにょ総研の中の人

 

Copyright © 2005 MNRI All Rights Reserved.

RSSフィード

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ