2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TwitterとFacebook

現在、ブログは最低限の更新となっておりますが、
TwitterとFacebookで情報をupしております。
TwitterでのツイートのアーカイブのURLと
FacebookページのURLは以下の通りです。

Twitterの過去ツイート http://twilog.org/manyosouken
Facebookページ https://www.facebook.com/mnri.baseball

よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

FT明大戦!


ブロック戦の第2戦、立大戦は序盤3回まで0-0も、
中盤に7点を失い、打線が無得点に抑えられたため、
早大戦に続いて0-7の7回コールド負けを喫した。

Bブロックは早大が2勝、立大が1勝1敗、東大が2敗となり、
東大はブロック戦3位に終わった。

Aブロックは法大、慶大、明大が1勝1敗で並んだため、
秋のリーグ戦の順位に従って、
法大が1位、慶大が2位、明大が3位となった。

これにより、東大は順位決定トーナメントでは
明大と5、6位決定戦を戦うことになった。

東大は早大戦で松田、立大戦で奥野が先発。
奥野は5回4失点。
2番手はリーグ戦初登板も果たした1年生左腕小宗で1回3失点(自責1)、
3番手は今日は神宮初登板となった1年生田中啓で、1回を三者凡退に
抑える見事なデビューとなった。

東大はこのブロック戦2試合、投手ベンチ入りは同じ5人であり、
明日の試合でブロック戦ベンチ入りしていない選手が先発する
可能性は低そうで、中1日で松田が再び先発する可能性が高いか。

捕手、野手陣のベンチ入りも前日安打を放って話題になった吉田選手に
代わって水越捕手が入った以外同じメンバー。

スタメン捕手は2試合続けて大音。
正捕手争いで一歩リードの状況か。

野手陣も指名打者が吉田から、加見に代わった以外スタメン変更なし。

スタメンでは武隈が安打を放った以外ノーヒットに終わったが、
代打の1年生佐々木が神宮初安打、同じく代打の1年生水越は
春のFLでの神宮初打席に続いて今日も安打を放って神宮デビューから
2打数2安打として気を吐いた。

しかしながら2試合長打はなく、得点も挙げられず。
2試合連続7回コールドでの完封負けの屈辱を味わった。

昨春からの新人戦でコールドは5度目だが、
2試合連続のコールド負けは東大が初となった。

5、6位決定戦の相手、明大はブロック戦の第1戦では9安打を放って
慶大に8-5で勝利したが、第2戦では法大の鈴木投手に7回参考の
ノーヒットノーランを喫して0-7の7回コールド負け。

リーグ戦では東大と引き分け試合もあり、Bクラスの4位で終えた明大
だが、いわゆる最下位決定戦だけに明日は何としても勝って終えたいで
あろうところで、ブロック3位同士の戦いだが、朝早い8時から意地が
ぶつかり合う試合となりそうだ。

東大も春のフレッシュリーグで5位となっているだけに、
明日の敗戦は新人戦での"最下位転落"を意味する。
この2試合不完全燃焼の打線が投手陣を助ける得点を早く挙げて勢いに
乗り、今年最後の神宮での試合で大いに暴れたい。


ブロック戦
早大戦: 0-7 敗:松田 4安打
立大戦: 0-7 敗:奥野 3安打

FT立大戦!


第一試合で法大が明大にノーヒットノーランでコールド勝ちするという
劇的な勝利のあと、
東大は第二試合で早大と対戦、
松田投手が立ち上がりしっかり押さえて4回まで1失点とロースコアの序盤と
なったが、5回に5点を失うと、7回に追加点を与えて7点差とされ、
7回裏無得点でコールド負けを喫した。

昨春のフレッシュリーグ開始とともに、
春秋の新人戦で点差によるコールド制が導入され、昨秋に明大が慶大に
8-0で勝った時に初適用、今春立大が慶大に9-1で勝って2度目、
そして今日法大、早大が続けてコールド勝ちして3、4度目。

東大は初めてのコールド負けとなった。

早大戦の東大ベンチ入り投手は
奥野、松田、小宗、田中、柳川の5人と少数精鋭。

先発松田は5回6失点(自責点5)、2番手柳川が2回1失点。

今日松田が先発したことで、
明日は奥野、あるいは小宗の先発が予想される。

捕手は加見、澁谷、大音、山﨑の4人がベンチ入りし、大音がスタメンマスク。
三鍋捕手の卒部を受けての正捕手争いが既に始まっている。

内野は一塁に外野手登録の武隈、二塁有賀、三塁齋藤、遊撃石元。
笠原はベンチ入りしたが出場しなかった。

外野は左翼櫻木、中堅土井、右翼梅山。
岡はベンチ入りしなかった。

指名打者はマネージャー就任が決まった1年生吉田がスタメン起用された。

多くが春のフレッシュリーグにも出場した選手で、
梅山、土井、武隈、石元は既にリーグ戦でも結果を出している中、
1年生の齋藤選手が新戦力抜擢で神宮デビューを果たした。
吉田選手はこれがおそらく最初で最後の神宮でのプレー。

リーグ戦でも規定打席未満ながら.462と驚異の高打率を残した梅山選手は
この試合も2安打。リーグ戦、新人戦合計した神宮での通算成績を
32打数13安打、.406とした。

捕手スタメンの大音も神宮初安打を放った。

そして今日話題を攫ったのが、吉田選手の安打。
安打を放っての試合終了後即、事務所にマネジャー就任の挨拶に赴いた
ということで、前代未聞の快挙と盛り上がった。

2番手で登板した柳川、代打出場で失策で出塁した山﨑も
この試合が神宮デビュー。
1年生の神宮経験者も多くなってきた。

東大は明日の立大戦に勝てばブロック2位、敗れれば3位。
0勝1敗同士の対戦で同率で並ぶことはなく、条件は基本立大も同じ。
引き分けた場合のみ1敗1分で並ぶが、その場合は秋のリーグ戦順位に
拠って立大が2位、東大が3位となる。

明日は今日4安打完封された打線の奮起がまず期待される。
投手陣は得点の援護を得ながら丁寧に抑えて粘り勝ちたい。


対する立大は1戦目の早大戦で接戦をモノにできず敗れた。
早大戦では4安打ながら7四死球を得て5点を挙げている。
東大としては四死球の走者を与えないようにしたい。

チーム内では来年に向けた"個の戦い"も始まっている。
部員数も増えて争いは熾烈だけに、今日の吉田選手の如く一瞬一瞬に
集中して力を出し切りたい。

ブロック2位通過すれば、3、4位決定戦に進むことができ、
Aクラスも見えてくる。新人戦では春のFLで最下位脱出を果たしているだけに、
秋はさらに上を狙いたい。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

Twitter

FC2アクセスカウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS

My Yahoo!に追加

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まにょ総研の中の人

 

Copyright © 2005 MNRI All Rights Reserved.

RSSフィード

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。